スギナカリーゲル 杉中歯科医院
     
 
歯科医師の方   歯科技工士の方   義歯でお悩みの方
 
  義歯でお悩みの方

スギナカリーゲルを使った義歯(スギナカリーゲル・デンチャー)は
従来の義歯(入れ歯)のような弾力や摩擦力といった力を義歯の維持
(義歯がはずれてこないようにすること)に利用するのとは違って、
閂の原理でもって維持を得る方法をとるため、
義歯の着脱時や義歯使用時に締め付ける感じがなくて装着感がよく、食事をおいしくいただけます。

ただ、スギナカリーゲルのレバーを開閉するための指の爪による操作が少し難しいため、人によっては習熟するまで、かなり時間のかかる方があります。また、このスギナカリーゲル・デンチャーは保険の適応はできませんので、自費扱いとなります。 ところで、歯を抜いたあと、義歯を入れずに放っておいたり、義歯を作っても加減が悪いとか気持ちが悪いとか言って、入れずに歯が抜けたままにしておく人があります。これは始めのうちは何の支障もないと感じるのですが、知らず知らずのうちに噛み合せの異常が生じて、やがて体の姿勢に影響し、筋肉痛や肩こりにつながっていきます。大事なことは左右両側で噛むことが基本です。右ばかりとか左ばかりといった片噛みは危険です。むし歯や歯周病も大切ですが、左右両側で平均に噛めるようにしておくことも重要であることを知っておいてください。

二種類のスギナカリーゲル・デンチャー

残っている歯に線突起を付け、義歯のなかに埋め込まれた
スギナカリーゲルのレバーがこの突起に引っ掛かるようにしています。
スギナカリーゲルのレバーを開閉することによって義歯の取り外しができます。


残っている歯に内冠を被せ、これにバー突起を付けます。
その外冠と一体となった義歯に埋め込んだスギナカリーゲルのレバーが、
この突起に引っ掛かるようになっています。
スギナカリーゲルのレバーを開閉することによって、義歯の取り外しができます。



この方法は維持用の突起を使いません。
深いアンダーカットに鉤を入れることによって引っ掛かりを得ています。


このページのトップへ
杉中歯科医院
Copyright(c) SUGINAKA Dental Clinic All Right Reserved.